ノベルティのありがたさはファンで無ければ分からない。

あるブランドのファンになると、そのブランドが配るノベルティは非常に魅力のある商品になってします。それほどファンにとってはたまらなく魅力のあるグッズとなってしまうのだ。誰彼かまわず配られていても、その魅力は非常に大きい。ところが、上得意だけに配られるノベルティとなると、ファンは余計に欲しくなってしまう。また、買わないともらえないノベルティや、期間限定のノベルティなど、数が少なければ少ないほど、グッズとしての魅了は一段と高まる。特に、ノベルティの場合は、基本的に市販されることが無いので、簡単に手に入れることが難しいのだ。小さなキーホルダーやネックストラップなどでも持っていると嬉しいモノだ。周りにみんなが持っていないモノを自分だけが持っているとなると、至上の喜びに浸れるほどすてきなグッヅに見えてくる。そのため、ブランドもノベルティ光かをy9億知っていて、ノベルティがそれほど簡単に市場に出ないような措置を執っているところも多い。

あまり市場に出回らない方が、ノベルティの価値が高まるからだ。だ等もが持っていないあなただけのノベルティというのは、ファンにとっては非常に魅了のあるノベルティだと言える。以前、アメリカの人気ブランド商品を扱っていたことがある。ノベルティとして、ステッカーなどを購入しなければならなかったが、決してタダで配るなと言うことと、気軽に渡さないように特技を指された。中には売って欲しいというユーザーもいたが、その時は決して売りませんというのが決まり文句で、これを買ってくれれば、おつけしますというのが決まり文句であった。市場に出回らないようにするのが、プレミアム感を出すことに大きく繋がり、何処に行っても欲しい欲しいという声を良く聞いたモノだ。自分のことを顧みても、やはりプレミアムが付くようなグッズは是非とも欲しいと思うし、それが配られるのなら、そのイベントなりにも参加したいと思うのだから、ファンの心理とはすごいモノだと思う。

もちろん、ノベルティーを配っても、そこにプレミアム感が無いようなブランドは、ブランドそのものに魅力が無いとも言える。魅力のあるノベルティは、魅了のあるブランドで無ければ、意味が無いのだ。ブランドの価値が高ければ、その分ノベルティを配布する数量も限定されるはずで、そうなるとますますファンは欲しくなるのである。魅力のあるブランドのノベルティほど、魅力のあるノベルティを出しているというのも事実である。