等身大パネルを制作するための金額の相場について

等身大パネルを制作するための金額は比較的に格安で制作できるという特徴があり、1個あたり1万円前後が相場となります。コストも安いというメリットと、店頭や展示場、キャンペーン会場などに設置しておくとインパクト効果が得られるという点で、選択されることが多いです。 大抵はパネル本体と自立スタンドはコミコミとなっており、希望があればカットデザイン、持ち運びにも便利な二つ折り加工にも対応しています。その上で文字入れや写真加工、顔出しパネル加工、スタンド取り付けなどの金額がかかる形になります。 設置場所として屋内用と屋外用の二つが存在し、雨などの水をはじくための処理を施すこともあり、屋外用の方がコストもかかることが多いです。サイズも高さ178mm前後で横が860mm前後を最大とし、それを超えるケースでは別料金になります。

屋内用で使用されるパネルの特徴とは

等身大パネルを設置する場所は、屋内用として活用されることも多いため、比較的に金額も安く制作することができます。価格も1個当たり1万円前後となり、まとまった個数を制作すると1個当たり1万円の価格を切り安くなることも多々あります。 屋内用の場合は、雨や風にさらされる心配はないため、材質はダンボールか発泡スチレンを主体として制作されます。厚さもダンボールが3mm、発泡スチレンが7mm程度となりますので、どちらかを選択する流れです。 もちろんより良く見せるためにはオプションで加工してもらうこともポイントで、その場合は別料金がかかってしまいます。ただ屋内用はそれほど相場も高くなく、しかも等身大で仕上げてくれるため、お客さんが見た時の印象を良くする効果が期待できます。

丈夫な材質で制作される屋外用で使用されるパネルの特徴とは

屋外用の等身大パネルは、紫外線や風雨にさらされる場所に設置するパネルで、風雨の影響を受けないためにも丈夫な材質で制作することがポイントです。材質はアルミ複合板、低反発高強度スチレンなどが該当し、雨に濡れても衝撃を受けても丈夫な素材となります。 金額については屋内用の倍の価格になると意識しておくことがポイントで、アルミ複合板のケースは屋内用の約3倍かかります。屋内用と屋外用の大きな違いは、屋外用は鉄製のスタンドによって立てる方法でそれが基本料金には含まれています。 なお料金体系も基本料金が存在し、その上でオプション料金がかかる仕組みは屋内用と同じとなります。他に屋外用は強風が吹き、吹き飛ばされるケースもあるため、重石を用意する必要もあります。もっとも重石でも完全に風で吹き飛ばされない様にはできないため、取り扱いには細心の注意が必要です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加